首のイボを切除しよう|見栄えが良くなる魔法

ウーマン

手早い保湿が乾燥を防ぐ

女性

スピード重視のスキンケア

洗顔後やお風呂上りに化粧水をつけないでいると、肌はどんどん乾燥してきます。そのため、一刻も早く化粧水をつけようと頑張っている乾燥肌の人は多いのではないでしょうか。確かに素早い保湿対策は重要ですが、これには一つ、盲点があるといえます。それは、たくさんの水分を補給しても、そのうえに油分を付けて膜を張らないと、水分は付けた端から蒸発していってしまうことです。しかも、付けた化粧水が蒸発するならまだよいのですが、蒸発する際にもともと肌の内部にあった水分まで道連れにして蒸発してしまうので、むしろ、洗顔後に何もつけていない状態の方がまだ水分の蒸発がマシと言っていいという事実には驚きます。そこで、乾燥肌対策の方法としては何よりも水分保湿が大事であることを前提とし、油分で蓋をするところまでを含めてやってしまうことが重要ということになります。そのために最適な対策アイテムとしてお勧めなのが、ゲルクリームです。ゲルクリームを肌に乗せると、ゲルが肌に浸透する際、まず水になって入っていきます。そして、肌表面には油分によって膜が張るため、肌内部で徐々に水分に代わって浸透していく間、肌表面ではすぐに膜を張って蒸発を防いでいるのです。ゲルクリームはどうも水分を補給している気がしないという人は多いですが、乾燥肌用の化粧水にこだわりたいのであれば、ゲルクリームの前に化粧水をつけます。ゲルクリームを塗ってしまうと油分による膜が張られてしまうので、水分がなかに入れないためです。乾燥肌対策はとにかく水分の上に油分までというスピード重視の要素がありますので、ゲルクリームに慣れることも必要かもしれません。